水のトラブルが多い蛇口

家庭の中に限らず、水回りの設備の中で、最も頻繁に使うのは蛇口です。水を止めるためにも、必要な量を出すためにも欠かせない設備です。使用頻度の高さからも、水のトラブルを起こしやすい部分といえます。複雑な構造のものも増えてきているため、トラブルが起こったときの対処法を知っておくとスムーズに対応できます。

■パッキンとコマの交換で水漏れを直す

蛇口には、消耗品になるパーツがあり、水漏れを起こして来たら、交換しなければいけません。パッキンは、水にさらされながら、部品の隙間を弾力性によって埋めていきます。そのため、どうしても劣化しやすく、だんだんと弾力性が失われてしまいます。劣化することで隙間ができてしまうと水漏れするため、新しいものに交換しなければいけません。
パッキンがあってはじめてうまく動くのが、蛇口の中で稼働して水量を決めるコマです。このコマを固定するのもパッキンの役割です。しかし、コマも使用していくうちにすり減るため、パッキンと同時に交換するのが一般的です。蛇口からの水漏れのトラブルは、この方法で大半が直ります。これで止まらないときには、もっと構造的なところに問題があるため、細部の部品を見ていかなければいけません。

■蛇口本体の交換も考える

蛇口 交換が必要になるのは、だんだんと老朽化をしていくためです。蛇口にも寿命があり、10年程度で交換が必要になってきます。部品ごとに摩耗も進みますが、パッキンのような消耗品の交換だけでは水のトラブルが収まりません。
蛇口をより高性能なものにするために交換してしまうのもおすすめです。トラブルがあったことをきっかけに、より使いやすい形状にしてしまうと便利に使用できます。問題は、高性能なものは、素人では容易に交換できないことです。工具も揃えなければならない上に、構造が複雑になることからも、専門業者に依頼して交換してしまう方が早いです。

■まとめ
蛇口本体も使い続けて消耗してくれば、いずれ交換しなければいけなくなります。それだけ使用頻度が高い部分で、こまめに様子を見ておかなければ劣化が進んでしまいます。現在増えてきた蛇口の中には、消耗品の交換も簡単ではないものも出てきました。センサーを使ってタッチするだけで水が出るようなものは、特にメンテナンスも大変です。しっかりと使い続けられるようにするためにも、専門業者に取り付けてもらい、トラブルが起きないようにしておく必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ