被害が大きくなるトイレの水のトラブル

家庭内にはさまざまな水回りの設備があります。中でもトイレは、毎日使う設備として、生活に欠かすことができません。水のトラブルを起こすと、どうしても大きな影響を与えます。トイレが使えない状況を考えると、それだけでも生活するのが苦しくなるのが分かります。トイレの水のトラブルは、水漏れの場所によって、被害も異なることを考えておかなければいけません。

■給水側からの水漏れ

トイレの水漏れには、タンクなどの給水側と、使った後の排水側があります。給水の水漏れは、タンクや給水管から漏れてくるケースです。水を使った分だけ供給するようになっているトイレは、給水側で漏れてしまうと、給水を続けるため止まることがありません。漏れ続けてしまうことで、床などにも大きな被害を生じます。便器の中に流れていても、24時間ずっと流れることが経済的に大きな被害を出すでしょう。
床に漏れてしまっていると、床材にダメージを与えるだけではなく、下の階にも流れ出し、被害を拡大させます。早急に修理が必要ですが、その前に止水栓を締めるなど、被害の拡大を抑えるためにも、水の供給を絶たなければいけません。

■排水側の問題

トイレで排水から水漏れを起こせば、大惨事になってしまいます。使った水が漏れるため、大きな問題を起こしてしまうからです。便器と床の中にある排水管の間には、水漏れを防ぐためのパッキンがあります。これが劣化したり、何らかの力がかかってずれたりすると、使っている間に隙間から漏れてくる原因になります。
パッキンを交換したり、調節したりすれば直りますが、問題は便器も外さなければいけない点にあります。簡単に交換することはできず、どうしても手間と時間が必要です。それも素人ではあまりに負担が大きいため、専門業者に依頼して修理してもらうことになります。大掛かりになるため、トイレ自体を交換してしまうことを視野に入れておくべきです。

■まとめ
トイレの水漏れは、どこから漏れても大きな問題を生じます。物理的な損害も発生させますし、排水のように衛生的な問題もあるでしょう。水のトラブルを見つけたときには、どんな場所であってもそのままにしておくことができません。できるだけ早期に修理をして問題を解決していかなければいけないでしょう。
交換すると、節水効果などのメリットも生まれてきます。老朽化したことが問題であれば、掃除のしやすさも含めて、新しいものに交換するのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ